TOPに戻る ピーくん



トピックス




2007年01月15日

「世界の子供にワクチンを」草の根キャンペーンを展開

~その一玉が笑顔に変わります。~

「世界の子どもにワクチンを」運動とピーアークとの関わりは1994年12月。お客様の善意を募玉という形で表したのが始まりです。
ピーアークグループの経営方針のひとつ、“Fun for the AREA  お店は、地域社会の楽しい存在になるために”の一環として、店舗スタッフとお客様が一体となり行う様々なチャリティー活動(募玉活動)を継続しています。

そして今回、再び「世界の子どもにワクチンを」に協力するため、10月16日~1月15日の3ヶ月間、ピーアークグループ36店舗で展開。 募玉箱、ポスター、パンフレットを設置し、お客様に善意の協力を呼び掛けました。

ピーアークグループでは今後とも色々な草の根キャンペーンを展開してまいります。
※2003年より募玉チャリティー活動の総称を「草の根キャンペーン」としています。

「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」とは?

 「ポリオ」や「はしか」などの感染症で命をおとす子どもたちが数多くいる途上国に向け、主に、ワクチンの供給を行っている民間支援団体です。  ユニセフやWHO、途上国の医療機関と連携しながら、途上国で必要とされている、感染症(ポリオやはしかなど)のワクチンの供給を目標に活動をしています。

【「世界の子どもにワクチンを」草の根キャンペーン最終結果報告】
(集計期間:2006.10.16~2007.1.15 3ヶ月)

■ワクチンを接種できる子どもたちの人数
※ポリオワクチン1人分20円として換算。
40万3,023人

■総玉数 
209万3,555玉(800万6,046円)

お預かりした募玉・募メダルはピーアークグループ草の根キャンペーン事務局より責任を持って「世界の子どもにワクチンを日本委員会」にお渡ししました。

「世界の子供にワクチンを」草の根キャンペーンを展開

「世界の子供にワクチンを」草の根キャンペーンを展開


TOP