TOPに戻る ピーくん



トピックス




2007年04月27日

「アンチパチンコ宣言」を掲げ、ピーアーク銀座で実証実験スタート!

「ピーアーク銀座」リニューアルオープンのお知らせ

「ピーアーク銀座」が「アンチパチンコ宣言」を掲げ、生まれ変わります。 従前より、パチンコをプレイしない人からは、「遊び方が判らない」「タバコの煙が嫌だ」「音がうるさい」という3つの大きな「アンチパチンコ」とも言える問題が挙げられております。ピーアークグループでは、かねてより「パチンコカルチャー教室」「禁煙・分煙店」「ヘッドフォン貸出し」など、種々のご提案をしてまいりましたが、いずれも問題解決までには至っておりません。
このたびの「ピーアーク銀座」の取り組みは、これらの「3大課題」を時代の要請と捉え、そのソリューション・モデルとしてのチャレンジと位置づけております。

「遊び方が判らない」については、第一がピーアークの得意技であるコミュニケーション手法によるソリューション。そして「遊び方カタログ」をご用意し、「遊びのメニュー」化へのトライアルを踏まえた対応といたします。
「タバコの煙が嫌だ」のソリューションは、快適な喫煙スペース「スモーキング・パーク」を設けての「全席禁煙」の提案です。
「音がうるさい」については、現状では「消音」までには至りませんが、技術的に出来得る限りの「減音」への挑戦となります。

また、ピーアークグループ8店舗目となる「遊べるパチンコ」の新業態「1円パチンコ」(イチパチ)にも、ここ銀座の地にてトライアルいたします。全281席のうち約30%にあたる84席(71機種)にての提案です。  
その他、「パーソナルシステム」(玉補給)を採用することにより、玉箱積状態の無い広い通路を確保いたします。このシステム採用により「音」の問題にも波及的効果が出ることが期待されます。

2007年、ピーアークはパチンコファンの裾野拡大に向けて改めてチャレンジいたします。ピーアークの「実証実験」にご期待ください。
 


TOP